先輩インタビュー

先輩インタビュー

Interview04

Q1 いまの会社を選んだ理由は

私は元々ものづくりに興味があり、その中でも食品業界に絞って就職活動を行ってきました。そこで当社の求人募集を見かけた時すぐに「ここだ!!」と思い、電話して応募したことを今でも覚えています。当社商品は長野を代表するお土産であり、地元長野でも伝統と歴史のある商品をもっと県外、そして海外のお客様へと広めていきたいと思いましたし、何よりも誇りを持って仕事ができると感じたからです。

Q2 どんな仕事をしていますか

現在は主に、オリジナル七味、輸出業務の担当をさせていただいております。
オリジナル七味は飲食店様のお薦めのお料理に合った七味を一から調合し開発する業務になります。私も担当する以前は七味唐からしの使い方として和食(中でも麺類や味噌汁など)に使うことしか知りませんでしたが、多様なジャンルの飲食店様とオリジナル七味を一緒に開発することで、七味唐からしは和食に留まらず、中華、イタリアンにも合うことに私自身も大変勉強になっています。
輸出業務については、現在アジアをはじめとするスーパーや百貨店向けに商品の発送をしています。最近では海外の催事や展示会等にも参加しており、海外のバイヤー様と商談する機会もあります。その為、アメリカやヨーロッパにも少しずつではありますが輸出を始めています。その他、配達業務や卸発送の業務も携わっています。

Q3 心掛けていることはありますか

私が日々の業務の中で心がけているのは、基本的なことではありますが、報連相の徹底です。お客様、社内、全てにおいて報連相は必要です。私はその中でもマイナス要素の報連相ほど早く行えるようにしています。当社は、各部署どうしが身近にあるため、コミュニケーションが非常に取りやすいです。その為、仕事上何か問題が発生しても大事に至る前に相談ができる為、報連相がとてもスムーズに行えます。

Q4 目標はありますか

会社を選んだ理由にもなりますが、近年インバウンドにより多くの海外からの観光客が日本を訪れています。私は、海外のお客様がお土産で購入した七味唐からしを自国のスーパー、百貨店でも購入していただけるように広めていく事と、七味唐からしは料理の味を引き立たせる調味料として食卓には欠かせない存在となるように、今後も使い方やレシピの提案などを積極的に行っていきます。

Q5 休日の過ごし方は

長野に戻ってからは、温泉の良さに改めて気付きました。長野も有名な温泉が数多くあります。ガイドブック片手に、近場の温泉から時には長野の中部、南部と日帰り温泉に行っています。その帰り道に蕎麦屋に寄って七味を振って食べる蕎麦は、格別ですね。

他のインタビューをみる

  • Interview01
  • Interview02
  • Interview03

Page Top